トップページ > UL508Aの認定工場になりました

三笠製作所は、2015年3月にUL508A認証制御盤メーカーとなりました。UL規格に基づく、規格要求を満たした設計・製作が可能に。制御盤のプロである私たち三笠製作所へご相談下さい。御社に最適なご提案をさせて頂きます。

※UL508A規格に沿った制御盤に限ります。全ての製作物がUL LISTED品では御座いませんので御注意ください。

※ULとは・・・ULは1894年に設立された非営利団体です。火災、盗難その他の事故から、人命・財産を保護するための安全規格開発、研究、試験、検査を行っています。

※UL規格とは・・・UL規格は、アメリカ保険業者安全試験所(Underwriters Laboratories Inc.:UL)が策定する製品安全規格です。材料・装置・部品・道具類などから製品に至るまでの、機能や安全性に関する標準化を目的としています。

※UL508Aとは・・・産業用制御盤に対する規格です。板厚や配線による空間距離などによる構造的要求や部品及びコンポーネントの使用条件を規格番号で規定している。

※UL508A認証盤とは・・UL508A認証制御盤メーカーから出荷される制御盤でUL508Aの定める要求事項を満たして設計・製作された制御盤にのみUL 規格適合製品としてラベルを貼り付けて出荷されます。


最近、制御盤のUL認証に関してのご質問・ご相談が急増しています。

ユーザー様や自治体の指定によりUL認証されたものが購買条件であることや、今後UL対応していく方針は会社として決まっているが、何をどう進めていけばいいのか分からない、また、コストはどれくらいかかるのか、UL認証をされた制御盤を実際製作すると設計から製作、認証、納品までにどれくらいの期間を有するのかなど多様なご質問をいただきます。

ご相談はこちらから

UL508A認証制御盤メーカーの三笠製作所がご提供できるサービスとは?


UL508A認証制御盤メーカーの三笠製作所にご依頼いただいた時のお客様のメリットとは?


  • エンドユーザー様の購買条件(UL認証製品、UL508A認証制御盤メーカーでの製作など)を満たす事ができる
  • お客様で対応される場合の手間、コスト、失敗などのリスクを大幅に回避する事ができます
  • 設備稼働前の現地でのAHJ(現地監査機関または規定執行官)による据付検査時にチェック項目数が大幅に少なくなります
  • 出荷後の米国内でのほとんどの地域での設備移転時にUL508A規格での再検査の必要がなくなります
  • UL認定マークの米国での信頼度は非常に高く、お客様の製品のコンポーネントのクオリティアップに繋がります

ご存知ですか??出荷後の制御盤の現地対応の違いについて


認証ラベルなし制御盤の場合(お客様で対応される場合)





認証ラベル付制御盤の場合(三笠製作所にご依頼いただいた場合)





海外業務提携先との連携により、出荷後の現地工事、緊急トラブル、試運転などのエンジニアリングサービスがご提供できます。



※米国の現地では据付機械装置の使用許可の権限を有しているAHJ(現地の監督機関または規定執行官)によって据付時に検査されます。据付機械装置の用途により判断基準とする適用規格が選択され検査されます。主にはNEC(NFPA70),NFPA79,UL508Aにより検査されます。

※NEC(NFPA70)のセクション90.7にはULのようにOHSA(米国安全労働衛生管理局)に認定された試験所で認定登録を受けており、UL規格適合製品としてUL LISTEDラベルが貼られた製品は出荷後の変更箇所の有無や損傷の発見以外の項目である内部配線や機器構造に関しては、AHJの検査を受ける必要がないと記されています。

※NEC,NFPA79の要求事項に関してはUL508Aでの要求事項と範囲や内容が異なる部分が御座いますので北米向け制御盤はNEC,NFPA79に対応した設計も必要となりますので御注意ください。

UL508A認証制御盤メーカーになるまでの海外規格に関するアンケート


1三笠製作所を利用する前に、どんな事で悩んでいましたか?

海外の市場に展開を考えていたが、何にから手をつけていいか分からず計画が進められなかった。

2何がきっかけで、三笠製作所を知りましたか?

インターネットで

3三笠製作所を知ってすぐに、見積り依頼または購入はしましたか?
または、しなかったとしたらなぜですか?

制御盤の海外規格の無料技術セミナーがある事を知りセミナーで内容を聴いて見積り依頼した

4何が決め手となって、三笠製作所で見積り依頼または購入をしましたか?

セミナーの時に実際の案件を相談して計画全体のスケジュールについても一緒に考えて頂き方向性が見出せたため

5実際に三笠製作所を使ってみていかがですか?

初めての海外市場投入でしたが、設計・製作において要求されるノウハウが国内と海外で相当に違うということがわかりお願いしてよかったです。

1三笠製作所を利用する前に、どんな事で悩んでいましたか?

米国への出荷時期も決まっていたが、独学で学んだ電気設計知識だけでは自信がなかったこと

2何がきっかけで、三笠製作所を知りましたか?

Web検索から、制御盤.com

3三笠製作所を知ってすぐに、見積り依頼または購入はしましたか?
または、しなかったとしたらなぜですか?

設計チェックと製作を依頼し、後に製品マニュアルチェックと英訳を追加依頼

4何が決め手となって、三笠製作所で見積り依頼または購入をしましたか?

制御盤.comの海外規格の制御盤の内容を見て

5実際に三笠製作所を使ってみていかがですか?

図面のチェックだけでなく米国での電気仕様や規格のセオリーから、変更アドバイスを頂き、大変勉強になりました。製作も細かな部分まで米国規格仕様で対応頂き、安心しました。

1三笠製作所を利用する前に、どんな事で悩んでいましたか?

海外の規格

2何がきっかけで、三笠製作所を知りましたか?

インターネット

3三笠製作所を知ってすぐに、見積り依頼または購入はしましたか?
または、しなかったとしたらなぜですか?

相談をしてから依頼をした

4何が決め手となって、三笠製作所で見積り依頼または購入をしましたか?

以前に自社でコンサルと海外対応を進めたが現地での規格絡みでの改修が出て大変な手間だった。
その内容について相談したところすべての項目に対して要求事項を把握しておられたので

5実際に三笠製作所を使ってみていかがですか?

設計から製作まで規格対応力が具現化されており素晴らしい

1三笠製作所を利用する前に、どんな事で悩んでいましたか?

CEマーキング

2何がきっかけで、三笠製作所を知りましたか?

訪問先で御社のせいぎょばんカフェ通信を偶然見た

3三笠製作所を知ってすぐに、見積もり依頼または購入はしましたか?
または、しなかったとしたらなぜですか?

した

4何が決め手となって、三笠製作所で見積り依頼または購入をしましたか?

装置全体での規格対応でしたが、ワンストップサービスを提供されていたから

5実際に三笠製作所を使ってみていかがですか?

設計前のリスク評価やドキュメントの校正翻訳まで依頼できるとは知りませんでした。海外設置時のSV派遣もありがとうございました。

1三笠製作所を利用する前に、どんな事で悩んでいましたか?

日本以外の規格と納期

2何がきっかけで、三笠製作所を知りましたか?

ネット検索

3三笠製作所を知ってすぐに、見積り依頼または購入はしましたか?
または、しなかったとしたらなぜですか?

Yes

4何が決め手となって、三笠製作所で見積り依頼または購入をしましたか?

規格と納期のどちらも達成できる方法を提案頂いたので。

5実際に三笠製作所を使ってみていかがですか?

規格を対応させる事と納期を守ることのどちらかをあきらめないといけない状態でしたが助かりました。

ご相談はこちらから

  • 制御盤世界カンファレンス
  • 海外規格セミナー
  • 業界特化型セミナー
  • 技術相談会
  • 制御盤.COM
  • 制御盤通販はこちら
  • 制御箱.COMはこちら
  • UL508A認定工場になりました!
  • 採用情報はこちら
  • 無料セミナー新着情報
  • 「海外規格認証取得制御盤デモ機を
    触って学ぶ」技術セミナー  川崎会場

    日時:2017年11月28日(火)
    場所:川崎市産業振興会館4F C展示場
       神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20
    JR「川崎駅」より徒歩8分

    【午前の部】<第1部>11:00~12:30
    (受付開始 10:30~)

    ◆デモ機と共に解説・制御盤の国際規格
      <IEC60204-1/UL508Aなど>
      ~「レトロな制御盤」に
      なっていませんか?~

     講師:橋本
     (エンジニアリング部 セクションチーフ)

    【午後の部】13:30~18:00
    (受付開始13:20~)

    <第2部> 13:30~15:00

    ◆「ISOの基礎」と「CEマーキングの必要性・規格概要」
    ~各指令の概要・諸外国の規格対応度・複数の災害事例とリスクアセスメントの実践~

     講師:八橋
      (セールス部 セクションチーフ)

    <第3部> 15:15~16:45

    ◆正しく、ロスなく、早く、3拍子揃った海外規格対応を実現するには
     ~知っておくと歴然とした違いが出る
      ポイント~

     講師:渡邊
     (セールス&エンジニアリング部
     ジェネラルマネージャ)

    <16:45~>

    ◆技術相談会
     セミナーで聞けなかった質問や、
     現在実際に お困り事のご相談や
     ご依頼をうかがいます。
     実案件の図面・仕様書・お見積りが
     ございましたらぜひご持参いただき
     お気軽にご相談ください。

    セミナー申込みはこちら


  • お客様の声
  • 欧州と北米と日本ではたらく制御メーカー社長のブログ
  • フィアット・パンダに乗って全国どこへでも?制御盤メーカーの営業ウーマンブログ
  • マイクロものづくりストリーミング ゲスト石田繁樹社長
  • プレスリリース
  • メディア採用情報
  • サプライヤー募集
  • プライバシポリシー
  • BCP事業継続計画
  • twitter三笠製作所公式アカウント
  • FACEBOOK