トップページ > プレスリリース

プレスリリース

 第31 回インターフェックスジャパンへ出展決定

報道関係者各位
プレスリリース

2018年6月11日
株式会社 三笠製作所

第31 回インターフェックスジャパンへ出展決定


制御盤 設計・製造の株式会社三笠製作所(本社:愛知県犬山市 代表:石田 繁樹 資本金:1,000 万円)がこのたび、 東京ビッグサイトで開催される「第31 回 インターフェックス ジャパン」に出展する事となった。
機械装置を海外市場に販売する際の障壁となっている、世界標準規格のISO/IEC や米国ANSI/UL 規格をより分か りやすく解説し、効率的な規格対応の方法を提案する。

1.第31 回インターフェックスジャパンの概要
・インターフェックスジャパンは日本最大の医薬・化粧品・洗剤を製造・研究開発するためのあらゆる機器・システム・技術 が一堂に集約する展示会だ。

・昨年の出展社数は1,345 社で、国内外から様々な医薬品・化粧品・化学・洗剤メーカーの方が来場する年に1度の機会 だ。日本のPIC/S 加盟により生産技術や工場設備のグローバルスタンダード化が急速に進む中、最新の機械設備、技 術などで注目度の高いメーカーが集う。

・医薬・化粧品・洗剤・飲料業界で製造ライン物流工程の自動化や、人手による作業ミス・微生物の混入リスク・または高 薬理活性医薬品を取扱うことによる人体への曝露リスクなどを避ける目的など、様々な目的によりロボットが導入された。 本展にも様々な用途のロボットが多数展示される。

2.海外に機械装置を輸出するメーカーが順守すべき法律と規格
・数年前まで、日本の機械装置メーカーが輸出をしていた仕向け地は日本を含むアジア圏が多く、その納入先企業は日 系企業であることが大半であり、法令順守をしない場合の罰則がない国が多かった。

・近年は機械装置の納入先が、北米や欧州の現地の企業に販路をシフトし始めている。

・そこで障壁となるのが、機械装置へ適応される法律・規格への適合だ。法令順守は製造者責任の観点からはどの国に おいても避けられないことであるが、北米や欧州では不正を行った企業には大きな罰則が与えられる。

・北米や欧州では法令違反により摘発を受け、当局により、罰金や大幅な改造を伴う改善などの指導をされた機械装置メ ーカーも年々増えている。

・今まで考えることのなかった法律・規格と、必要な文書や適合性の評価などの課題が技術者にのしかかり、それらの煩 雑さのために苦慮をしている企業が多いのが現状だ。

3.インターフェックスジャパン2018 での三笠製作所ブースの6 つの見どころ
・「UL508A Listed 北米向け制御盤デモ機」と「CE 自己宣言仕様 欧州向け制御盤デモ機」の展示
北米向けSCCR=40kA のUL508A 認証制御盤メーカーの弊社は、UL リステッドラベル付きの制御盤デモ機を出品す る。また、ヨーロッパ向けCE 仕様の制御盤デモ機も併せて出品し、各国の規格で何がどのように違うのか、実機をご覧頂 きながら分かり易く展示し解説する。設計、開発、購買、調達、技術営業、品質保証のご担当者などに海外規格対応の重 要性や機械装置の法令順守、さらに製造者責任のリスク回避などを説明する。

・「大電流かつ省スペースを実現する新型制御盤デモ機」の展示
400A 以上の電流を流す制御盤の場合には電線の屈曲半径の問題やその太物の加工のしにくさから、制御盤が大型化 する傾向がある。その問題を解消するための機器を三笠製作所がいち早く導入し、そちらを用いた新しい制御盤デモ機を ご覧頂きながら分かり易く展示し解説する。本展示会で初披露をするものであり、"日本でここでしか見ることができない" 制御盤デモ機となる。

・「自社ブース内技術セミナー」の開催
三笠製作所が自信を持ってお送りしております制御盤無料技術セミナーは過去3,500 人以上の受講者実績のあるセミ ナーであり、コンテンツの種類も豊富だ。本展示会では1 日に3 回内容の違うコンテンツのセミナーを開催する予定であ り、本展示会限定のコンテンツも準備している。

・「最新機器のライブ組付け配線」の実施
IEC/EN やUL など製品安全規格に適合させるために非常に有効な日本未発売の海外製の制御機器を用い、作業時 のメリットなど、三笠製作所のエンジニアが解説しながらブース内で組付け配線を実際に行う。最新のコンポーネントの実 際の組付け配線をプロのエンジニアのライブを見られるのは、三笠製作所ブースならではだ。

・今話題の「せいぎょばんカフェ」が展示会場に出張
制御盤とカフェのコラボから誕生した「せいぎょばんカフェ」が本展示会ブースに出張カフェをオープンする。好評のオリジ ナルブレンドのコーヒーはもちろんの事、イタリアのエスプレッソスクールで修行をし、腕を上げたカフェ担当者による本格 的なエスプレッソやラテアートをお楽しみ頂ける場となる。

・技術的な打合せのできるブースを用意
皆様の機械装置が法律・規格を適合させるにあたっての相談ができる場をブース内に用意。機械装置のカタログや電 気回路図などの技術資料をご持参頂ければ、弊社の技術サポートだからできる正しく、ロスなく、早く適合させるためのフ ローなどを提案できる。

<<招待券申込方法>>

・下記URLより必要事項と各種申込内容欄に、 「招待券希望」と必要枚数をご入力の上、WEBよりお申込み下さい。
http://www.mikasa-med.co.jp/contact.php

・お電話でのお申込み:TEL 0587-91-3661 担当:宮川、小林(光)
お電話いただき、招待券希望枚数、送付先情報をお伝え下さい。
※ご招待券がない場合の展示会会場への入場料は5,000 円。

<<出展ブース位置>>
ホール : 東3 ホール
ブース番号 : E1-29



[会社概要]

■会社名 :株式会社三笠製作所
■資本金 :1000万円
■創業 :1978年5月
■設立 :1986年7月
■代表者 :代表取締役 石田繁樹
■事業内容 :各種設備の電装系の設計、製作、組付、調整、メンテナンス及び設備診断
エンジニアリング、制御盤および産業装置の製品安全規格適合サポートコンサルティング
■従業員数 :25名

[本件に関するお問い合わせ]
株式会社三笠製作所 セールス&エンジニアリング部 GM 渡邊一生
TEL:0587-91-3661 FAX:0587-91-3662
愛知県丹羽郡扶桑町斎藤宮添166
E-Mail mikasa@mikasa-med.co.jp
http://www.mikasa-med.co.jp

ご相談はこちらから

  • 採用情報はこちら
  • 海外規格セミナー
  • 業界特化型セミナー
  • 技術相談会
  • 制御盤.COM
  • 制御盤通販はこちら
  • 制御箱.COMはこちら
  • UL508A認定工場になりました!
  • 制御盤世界カンファレンス
  • 無料セミナー新着情報
  • 「海外規格認証取得制御盤デモ機を
    触って学ぶ」技術セミナー  愛知会場

    日時:2018年7月13日(金)
    場所:扶桑セミナールーム 
       (株)三笠製作所内
       愛知県丹羽郡扶桑町斉藤宮添166
    名神小牧インターからお車で10分、
    名鉄犬山線「扶桑駅」よりタクシーで3分

    【午前の部】<第1部>10:30~12:00
    (受付開始 10:00~)

    ◆デモ機と共に解説・制御盤の国際規格
      <IEC60204-1/UL508Aなど>
      ~「レトロな制御盤」に
      なっていませんか?~

     講師:橋本
     (エンジニアリング部 セクションチーフ)

    【午後の部】13:30~18:00
    (受付開始13:00~)

    <第2部> 13:30~15:00

    ◆CEマーキングの必要性・対応フロー・訴訟リスクと賠償事例
    ~各指令の概要・複数の事例を交えて~

     講師:八橋
      (セールス部 セクションチーフ)

    <第3部> 15:15~16:45

    ◆正しく、ロスなく、早く、3拍子揃った海外規格対応を実現するには
     ~知っておくと歴然とした違いが出る
      ポイント~

     講師:渡邊
     (セールス&エンジニアリング部
     ジェネラルマネージャ)

    <16:45~>

    ◆技術相談会(事前予約制)
     セミナーで聞けなかった質問や、
     現在実際に お困り事のご相談や
     ご依頼をうかがいます。
     実案件の図面・仕様書・お見積りが
     ございましたらぜひご持参いただき
     お気軽にご相談ください。

    セミナー申込みはこちら


    「海外規格認証取得制御盤デモ機を
    触って学ぶ」技術セミナー  川崎会場

    日時:2018年8月30日(木)
    場所:川崎市産業振興会館4F 
        C展示場
        神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20
    JR「川崎駅」より徒歩8分

    【午前の部】<第1部>11:00~12:30
    (受付開始 10:30~)

    ◆デモ機と共に解説・制御盤の国際規格
      <IEC60204-1/UL508Aなど>
      ~「レトロな制御盤」に
      なっていませんか?~

     講師:橋本
     (エンジニアリング部 セクションチーフ)

    【午後の部】13:30~18:00
    (受付開始13:20~)

    <第2部> 13:30~15:00

    ◆CEマーキングの必要性・対応フロー・訴訟リスクと賠償事例
    ~各指令の概要・複数の事例を交えて~

     講師:八橋
         (セールス部 セクションチーフ)
          竹内
         (セールス部 エンジニアリング部)

    <第3部> 15:15~16:45

    ◆正しく、ロスなく、早く、3拍子揃った海外規格対応の実現
     海外の規格・標準化に対応するための部品・CAD
     ~知っておくと歴然とした違いが出る
      ポイント~

     講師:八橋・橋本・竹内

    <16:45~>

    ◆技術相談会(事前予約制)
     セミナーで聞けなかった質問や、
     現在実際に お困り事のご相談や
     ご依頼をうかがいます。
     実案件の図面・仕様書・お見積りが
     ございましたらぜひご持参いただき
     お気軽にご相談ください。

    セミナー申込みはこちら


  • お客様の声
  • 欧州と北米と日本ではたらく制御メーカー社長のブログ
  • フィアット・パンダに乗って全国どこへでも?制御盤メーカーの営業ウーマンブログ
  • マイクロものづくりストリーミング ゲスト石田繁樹社長
  • プレスリリース
  • メディア採用情報
  • サプライヤー募集
  • プライバシポリシー
  • BCP事業継続計画
  • twitter三笠製作所公式アカウント
  • FACEBOOK