トップページ > プレスリリース

プレスリリース

 米の総合産業システム企業Pentairが展開するERIFLEXブランドとの間でプロモーション契約を締結

報道関係者各位
プレスリリース

2017年9月19日
株式会社 三笠製作所

三笠製作所、米の総合産業システム企業Pentairが展開するERIFLEXブランドとの間で
プロモーション契約を締結
~受変電設備、機械装置の海外規格対応に有用な製品を国内に紹介~


制御盤設計・製作・海外規格サポートコンサルティングの株式会社三笠製作所(本社:愛知県犬山市、代表:石田繁樹、資本金:1,000万円)は2017年9月13日、米国Pentairグループ(本社:ミネソタ州ミネアポリス、CEO:Mr. Randall J. Hogan)の低圧配電機器ブランドERIFLEXとプロモーション契約を締結いたしました。

<ERIFLEXの概要>

主工場 :4 Rue Cours Dallière, 42160 Andrézieux-Bouthéon, フランス
セールス部門担当者 :Worldwide ERIFLEX sales vice-president:Mr. Marc Khalifa
  Regional Asia sales Director:Mr. Julien Brousseau
アジア圏のカスタマーサービス拠点 :シンガポール、倉庫:上海

これにより三笠製作所は、Pentairの低圧配電機器ブランドERIFLEX製品の日本展開において、国内販売代理店と連携しながら、同ブランドの販促用資料や特集ウェブサイトの作成をはじめ、営業の技術的サポート、導入後の規格対応サポートなど、技術面を含む日本での代表窓口業務を担っていくことになります。また、ERIFLEX製品を使用したデモ制御盤を作成し、自社ショールーム「せいぎょばんカフェ」ほか、全国各地の展示会やセミナーでも積極的に展示していく予定です。


ERIFLEXが展開するのは、平らな形状で自在に折り曲げ可能な銅バー「FLEXIBAR」や、絶縁被覆の素材を高難燃性・低煙・ノンハロゲンとしたタイプの新製品「FLEXIBAR ADVANCED」をはじめ、分電ブロック、接続用部分が主導体部分と一体構造である特長を持つ銅編組線「IBSB・IBSBR」、各種バスバー、絶縁支持材など、受配電盤や制御盤などに使用される製品群。そのラインアップの多彩さや、市場競争力のある価格、カバーする電流・電圧の幅広さ(40~7,400アンペア、交流1,000ボルト、直流1,500ボルト)、そして欧州や北米の各電気安全規格に適合していることから、世界中で支持を得ているブランドです。


国内機械装置メーカーの海外輸出が加速し、海外規格対応のニーズが高まる昨今の日本においても、その潜在需要は大きなもの。現段階で日本法人を持たず市場のリアルを把握しづらいERIFLEXですが、今回の業務提携を通じてリアルなマーケティングデータを持つ三笠製作所の営業販促スキームを利用可能となり、スムーズな市場参入が期待されます。


三笠製作所にとっても同社製品の有用性は高く、今回の業務提携から自社の基礎設計に組み込み、コストとクオリティにおいてさらなる競争力を得ました。また、ERIFLEXと技術者レベルでの情報交換が可能となったほか、同社と協力関係にある販売代理店を通じた販促ルート拡大も見込まれます。三笠製作所は、制御盤の海外規格対応をトータルで手がける数少ない国内メーカーとして、グローバル化が進む国内製造業における存在感をより一層高めて参ります。


Regional Asia sales Director:Mr. Julien Brousseau

[会社概要]

■会社名 :株式会社三笠製作所
■資本金 :1000万円
■創業 :1978年5月
■設立 :1986年7月
■代表者 :代表取締役 石田繁樹
■事業内容 :各種設備の電装系の設計、製作、組付、調整、メンテナンス及び設備診断  エンジニアリング、制御盤海外規格サポートサービス
■従業員数 :25名

[本件に関するお問い合わせ]
株式会社三笠製作所 セールス&エンジニアリング部 GM 渡邊一生
TEL:0587-91-3661 FAX:0587-91-3662
愛知県犬山市大字犬山字南笠屋8−3
E-Mail mikasa@mikasa-med.co.jp
http://www.mikasa-med.co.jp

ご相談はこちらから

  • 海外規格セミナー
  • 業界特化型セミナー
  • 技術相談会
  • 制御盤.COM
  • 制御盤通販はこちら
  • 制御箱.COMはこちら
  • UL508A認定工場になりました!
  • 制御盤世界カンファレンス
  • 採用情報はこちら
  • 無料セミナー新着情報
  • 「海外規格認証取得制御盤デモ機を
    触って学ぶ」技術セミナー  愛知会場

    日時:2018年1月18日(木)
    場所:扶桑セミナールーム 
       (株)三笠製作所内
       愛知県丹羽郡扶桑町斉藤宮添166
    名神小牧インターからお車で10分、
    名鉄犬山線「扶桑駅」よりタクシーで3分

    【午前の部】<第1部>10:30~12:00
    (受付開始 10:00~)

    ◆デモ機と共に解説・制御盤の国際規格
      <IEC60204-1/UL508Aなど>
      ~「レトロな制御盤」に
      なっていませんか?~

     講師:橋本
     (エンジニアリング部 セクションチーフ)

    【午後の部】13:30~18:00
    (受付開始13:00~)

    <第2部> 13:30~15:00

    ◆「ISOの基礎」と「CEマーキングの必要性・規格概要」
    ~各指令の概要・諸外国の規格対応度・複数の災害事例とリスクアセスメントの実践~

     講師:八橋
      (セールス部 セクションチーフ)

    <第3部> 15:15~16:45

    ◆正しく、ロスなく、早く、3拍子揃った海外規格対応を実現するには
     ~知っておくと歴然とした違いが出る
      ポイント~

     講師:渡邊
     (セールス&エンジニアリング部
     ジェネラルマネージャ)

    <16:45~>

    ◆技術相談会
     セミナーで聞けなかった質問や、
     現在実際に お困り事のご相談や
     ご依頼をうかがいます。
     実案件の図面・仕様書・お見積りが
     ございましたらぜひご持参いただき
     お気軽にご相談ください。

    セミナー申込みはこちら


  • お客様の声
  • 欧州と北米と日本ではたらく制御メーカー社長のブログ
  • フィアット・パンダに乗って全国どこへでも?制御盤メーカーの営業ウーマンブログ
  • マイクロものづくりストリーミング ゲスト石田繁樹社長
  • プレスリリース
  • メディア採用情報
  • サプライヤー募集
  • プライバシポリシー
  • BCP事業継続計画
  • twitter三笠製作所公式アカウント
  • FACEBOOK