トップページ > 無料制御盤新聞

メディア掲載情報

設計改善で価格4割減 制御盤製造に新風

中国製部品など採用 組立工程簡略化 ネット通販も

中部経済新聞 2009年12月09日


  制御盤メーカーの三笠製作所(実質本社愛知県扶桑町斉藤宮添166、石田繁樹社長、電話0587・91・3661)は、制御盤業界に新風を送っている。従来の下請け仕事から一歩踏み出し、独自の設計思想や中国製部品を使うことで、制御盤自体の価格を4割引き下げることに成功。保守的な業界の中でチャレンジ精神が新規顧客開拓につながっている。このほどインターネットを使用した制御盤通販も開始。37歳の若手社長が景気低迷化で業容拡大を図っている。
  同社は制御盤の専業メーカーで、前3月期の売り上げは約4億円。工作機械メーカー向けが中心だが、最近は食品メーカーや日用雑貨メーカーにも取引を拡大している。同社の売りは、従来品から価格を4割、重量を3割、容量を4割減らした独自仕様の制御盤。リレーやシーケンサーなどの部品、配線を立体的に組み込む設計思想、中国や欧州から低コストの部品を輸入。さらに組立工程数を減らして商品化した。
  一方、このような制御盤は、工作機械メーカーなどを経由して自動車部品メーカーや弱電メーカーに納入される。実際に利用するメーカーの工場では、ベテランの保全マンが日常的にメンテナンスする。新しい設計思想の制御版には拒否反応もあるという。
  三笠製作所の狙いは、このような技術力を自社が持つことをPRすることにもあるという。実際、チャレンジ精神がユーザーの興味を引き、今まで取引のなかったメーカーからの引き合いが増加。今では半分以上の顧客が、ここ一年以内に取引開始した企業だという。
  このチャレンジ精神を広く告知するため、制御盤通販を11月末に開始した。まだ立ち上げたばかりだが「下請け仕事から自社製品を外販するという経営姿勢にしていきたい」(石田社長)と前向きだ。

ご相談はこちらから

  • 制御盤世界カンファレンス
  • 海外規格セミナー
  • 業界特化型セミナー
  • 技術相談会
  • 制御盤.COM
  • 制御盤通販はこちら
  • 制御箱.COMはこちら
  • UL508A認定工場になりました!
  • 採用情報はこちら
  • 無料セミナー新着情報
  • 「海外規格認証取得制御盤デモ機を
    触って学ぶ」技術セミナー  川崎会場

    日時:2017年11月28日(火)
    場所:川崎市産業振興会館4F C展示場
       神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20
    JR「川崎駅」より徒歩8分

    【午前の部】<第1部>11:00~12:30
    (受付開始 10:30~)

    ◆デモ機と共に解説・制御盤の国際規格
      <IEC60204-1/UL508Aなど>
      ~「レトロな制御盤」に
      なっていませんか?~

     講師:橋本
     (エンジニアリング部 セクションチーフ)

    【午後の部】13:30~18:00
    (受付開始13:20~)

    <第2部> 13:30~15:00

    ◆「ISOの基礎」と「CEマーキングの必要性・規格概要」
    ~各指令の概要・諸外国の規格対応度・複数の災害事例とリスクアセスメントの実践~

     講師:八橋
      (セールス部 セクションチーフ)

    <第3部> 15:15~16:45

    ◆正しく、ロスなく、早く、3拍子揃った海外規格対応を実現するには
     ~知っておくと歴然とした違いが出る
      ポイント~

     講師:渡邊
     (セールス&エンジニアリング部
     ジェネラルマネージャ)

    <16:45~>

    ◆技術相談会
     セミナーで聞けなかった質問や、
     現在実際に お困り事のご相談や
     ご依頼をうかがいます。
     実案件の図面・仕様書・お見積りが
     ございましたらぜひご持参いただき
     お気軽にご相談ください。

    セミナー申込みはこちら


  • お客様の声
  • 欧州と北米と日本ではたらく制御メーカー社長のブログ
  • フィアット・パンダに乗って全国どこへでも?制御盤メーカーの営業ウーマンブログ
  • マイクロものづくりストリーミング ゲスト石田繁樹社長
  • プレスリリース
  • メディア採用情報
  • サプライヤー募集
  • プライバシポリシー
  • BCP事業継続計画
  • twitter三笠製作所公式アカウント
  • FACEBOOK